フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« CSSnite LP19アクセス解析[5]/「なでしこJAPAN」に見るアトリビューションの重要性と最新動向/リクルート 小川卓 | トップページ | 第7回アトリビューション分科会/第三者配信とCVパス分析はアクセス解析を変える/Fringe81 田中弦さん »

2011年10月22日 (土)

CSSnite LP19アクセス解析[6]/新しいGoogleアナリティクスを使いこなそう/Google 大内範行

****************************************************************

<新しいGoogleアナリティクスを使いこなそう~現場で効果的だった分析と、新機能を現実的に/Google 大内範行>

●有料版は日本はこれから。無料版の更新をやめるわけではない

(アジェンダ)
 1.リアルタイム
 2.サイトの速度
 3.モバイル(スマートフォン)
 4.目標の設定
 5.ビジュアルフロー

(今日のポイント:アクセス解析の目的)
 1.ユーザーの視える化
 2.チームを一つに
 3.ビジネスの最適化

********************************

【1】リアルタイム

●通常のデータとは違う扱いをしている(フィルタとか適用されない)

●「ユーザーを感じる」という意味合いで有効
 →チームで共有することで「何かしなくちゃ」という気にさせる

********************************

【2】サイトの速度

●ページごとの表示速度を、コードを1行入れることで計測可能

●ページ読み込みからの計測なので、これまでのJSやCookieでの計測よりユーザーの実感値に近い

●ブラウザは限定
 ・Chrome、FireFox7、IE9とIE+Gツールバー

●サンプリングされる
 ・全体は2%程度のサンプリング率。ページごとは2%~10%。

●新規/リピーターやブラウザ別、国別などでセグメントしての表示速度や、表示速度5秒以上のページなどでの絞込みが可能

●チームの中にある危機感から始めよう
 →チームで共有し、改善のきっかけにする

********************************

【3】モバイル(スマートフォン)

●スマートフォン用アプリも「アプリ用SDK」により計測可能
 →SDKでページビューやイベント、eコマースを発生

●スマートフォンは何もしなくても計測可能

●「標準レポート>ユーザー>モバイル>サマリー」で確認できる
 →スマホ用に最適化してないサイトでも今や20%ぐらいがスマホ経由のアクセス

●アドバンスセグメントでスマートフォンのみのデータに絞れる
 →「モバイルトラフィック」をチェックを入れる

●マイコミジャーナルの事例
 ・最適化後、ユーザーの回遊が大幅に改善
 ・カスタム変数での記事ジャンル分け
 ・画像拡大インターフェイスが好評

  ※事前の仮説検証や、施策後の効果検証に使う。

********************************

【4】目標の設定

●「ゴールのないアクセス解析は人生の浪費だ」

●日本は目標設定をしているアカウント割合が世界平均より低い

●合計20個+eコマースを目標にできる
 →ページ指定だけでなく、閲覧ページ数や滞在時間、売上、イベントも可能

●日産では各国でどの車種の資料請求がされているかを比較してみている

●関連者でユーザーがどんな検討をして、どんなタイミングでWEBを使うかを話し合ってもらう。

 1.ユーザーセグメント
 2.ユーザー経験
 3.達成して欲しい目標
 4.目標と指標(KPI)

●液晶テレビとデジタルカメラでの事例
 ・液晶テレビ:購入前に機能・性能比較を行いながら決断していく
  →商品の「比較する」ボタンをイベントゴールとして設定

 ・デジタルカメラ:自分できれにとれるか経験者の声を信頼
  →「利用者のブログ」ボタンをイベントゴールとして設定

●その他の活用例
 ・ブログでTwitterのフォロー
 ・サポートサイトで問い合わせボタンに設定
 ・ショッピングサイトで購入時のエラー

●イベント設定により「ユーザーの心の変化をキャッチ」

********************************

【5】ビジュアルフロー

●ユーザー行動から葉っぱや枝を自動でグルーピング
 →ユーザーが旅したように歩く

●セグメントも可能(KWや新規/リピートなど)

●目標フローは設定前の過去にさかのぼってみれる
 →20個設定できる目標の一部をテスト用にして色々と試行錯誤ができる

********************************

【本日のまとめ】

●ユーザーを見える化

●チームを一つにするのに役立つ

●ビジネスを最適化する

********************************

【フォローアップ】

 http://cssnite.jp/archives/post_2253.html

****************************************************************

« CSSnite LP19アクセス解析[5]/「なでしこJAPAN」に見るアトリビューションの重要性と最新動向/リクルート 小川卓 | トップページ | 第7回アトリビューション分科会/第三者配信とCVパス分析はアクセス解析を変える/Fringe81 田中弦さん »

研修・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1531819/43109842

この記事へのトラックバック一覧です: CSSnite LP19アクセス解析[6]/新しいGoogleアナリティクスを使いこなそう/Google 大内範行:

« CSSnite LP19アクセス解析[5]/「なでしこJAPAN」に見るアトリビューションの重要性と最新動向/リクルート 小川卓 | トップページ | 第7回アトリビューション分科会/第三者配信とCVパス分析はアクセス解析を変える/Fringe81 田中弦さん »