フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« Webアナリスト養成講座/Googleアナリティクスを利用したユーザーシナリオ分析とSEMの改善 | トップページ | ひとの心が輝く経営/西川敬一氏 »

2012年4月18日 (水)

CSS Nite「実践ワークショップ」Webマーケティング思考トレーニング/KDDIウェブコミュニケーションズ 高畑哲平氏

講義+ワークショップ形式の楽しく、そして学びの多いセミナーでした。

前半でマーケティングの4Pを軸にしたお話で、後半はその実践だったのですが、
頭ではわかっていても、つい顧客視点を忘れてフレームワーク馬鹿になってしまったり、
実践の難しさを思い知りました。

 

また、課題図書の「Webマーケティング思考トレーニング」もとても素晴らしい内容で、
個人的には共感する部分も多かったです。

 「Webサイトは商品力を±ゼロで表すもの」

 「Webが有効な時にのみ、Webを使う」

というのは本当にそのとおりで、

私も仕事柄、「ネットでなんとかならないか」という相談を受けたりしますが、
まずはサービス・商品を改善したり、そもそもの提供価値を見なおしたりなど、
Web以前のところをなんとかしたほうがよいケースがほとんどだったりします。 

Webでできることには限りがあって、決して魔法の杖ではないと思います。

 

今回、Web制作会社の方々の参加が多かったようで、
制作にマーケティングの視点を取り入れようと模索している、というお話を
セミナー後の懇親会でお聞きしました。

高畑氏の著書でも「考える人と作る人は別が望ましい」というお話がありましたが、
マーケッターと制作が小さなチームでタッグを組めば、
「考えて、すぐ実践」が早いサイクルで回せるので
きっと楽しいだろうな、と思ったりもしました。

 

以下、講義メモです。

****************************************

【本日のアジェンダ】

●マーケティングの基礎(30分)
 ・マーケティングの4P
 ・うどん県の事例

●ワークショップ(80分)

 

【本日の目的】

●顧客視点で考えられる脳を鍛える

 

****************************************

【マーケティングの基本】

●事業単位で問題の本質を掴む
 →商品、価格、宣伝、営業、社長、Web…諸々

●Webはその中の一つに過ぎない
 →Webの問題が何かを掴む

●消費と投資
 ・投資:事業全体の問題に合致しているもの
 ・消費:そうでないもの

●問題を掴むために4P(商品・価格・宣伝・販売チャネル)で考える
 →「商品>価格>宣伝>販売チャネル」

●フレームワークは「使いこなせるまで使わない」
 →全部のことを当てはめようとすると無理が生ずる
   ex.水は「4P」+「1P(パッケージ)」と言われ、4Pだけでは解決しない
 →「フレームワーク馬鹿」にならないように。

●お客さんが選ぶ理由として「商品力>価格」が一番多い。
 →Webサイトは残りの2つ。つまり影響は小さい。

 

****************************************

【うどん県の事例】

●Yes/Noの判断の際には必ず「もし○○の目的だったら」の前提があるはず。

※「観光客誘致」という目的で考えると…

●「うどんの商品力」<「うどんの価格(150円)+旅費(4万円)」
 どれだけの人の心を動かし、誘致ができたかは疑問。

●仮にうどんでなく「瀬戸内国際」を訴求していたら、「商品力>価格」と感じていたのでは?
 →実際、110万人が訪れ、100億円以上の経済効果があった。

●まずは「商品力>価格」。その価値を的確に伝えることがWebの役割。

 

****************************************

【ワークショップ】

(お題)

 「今後利用したいコーヒーチェーン」5位以下のコーヒーチェーンを5位以内に入れる
  →5位以下のチェーン店の一つを選んで、4Pのうち2つだけを変えられるとしたらどうするか?

:::::::::::::::::::::::::::::::

(まとめ)

●一般客の視点で考えられるか?
 →ワークフレームにこだわり過ぎてないか?

●自分の意見が通ったか?
 →話が通らなければ実行されない。実行されないと意味が無い

●話が通るかどうかは説得材料の問題ではない
 →コミュニケーション力や人間力の問題。Webをやる人はここが欠けている。

●話を通す筋道を持つことが重要

●コミュニケーション力・人間力がないとマーケッターではない。

●優秀なWebマーケッターは「Webが有効な時にのみ、Webを使うことを選択できる人」

●マーケティングとは「事業を一気通貫して売れる戦略を書くこと」

●マーケティング思考を鍛えるには自分がモノを買ったり、お店を選んだりするときに
 「自分だったら、競合にどう勝つか?」を常に考える
  →日常生活を経験にする

 

****************************************

【関連URL】

●高畑哲平氏プロフィール
 http://www.jimdojapan.com/profile-1/

●Jimdo(高畑氏の立ち上げたサイト作成サービス事業)
 http://jp.jimdo.com/

●Webマーケティング思考トレーニング(高畑氏の著書。オススメです)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4502694908

 

****************************************

 

« Webアナリスト養成講座/Googleアナリティクスを利用したユーザーシナリオ分析とSEMの改善 | トップページ | ひとの心が輝く経営/西川敬一氏 »

研修・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1531819/44986042

この記事へのトラックバック一覧です: CSS Nite「実践ワークショップ」Webマーケティング思考トレーニング/KDDIウェブコミュニケーションズ 高畑哲平氏:

« Webアナリスト養成講座/Googleアナリティクスを利用したユーザーシナリオ分析とSEMの改善 | トップページ | ひとの心が輝く経営/西川敬一氏 »