フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« アクセス解析イニシアチブin名古屋 | トップページ | アクセス解析サミット2012[2]/IBM Coremetricsの利用事例紹介とユーザー行動データのアクション化/cci根本朗生氏 »

2012年5月17日 (木)

アクセス解析サミット2012[1]/住まい探しサイトSUUMOにおけるスマートフォンマーケティング/リクルート勝田良介氏

スマートフォンサイトにおける様々な仮説検証の共有。

「とにかくやってみて明らかにしよう」というリクルート社らしい
フットワークの良さが印象的でした。

 

一番驚いたのは勝田さんはまだ社会人2年目だそうで、
ネット人材採用の第一号だそうです。

とても2年目とは思えない堂々とした発表振りで、
今後どう成長していくのか個人的には興味津々です。

 

以下、講演メモです。
************************************************************

<住まい探しサイトSUUMOにおけるスマートフォンマーケティング>
リクルート勝田良介氏

●テーマ:検討層に対してスマホでどうするか?

●基礎数値
 ・月間850万UU
 ・アプリ200万ダウンロード

●30種類のアプリをリリース(ローンシミュレータ・物件見学ノート・SUUMOJUMPなど)

●2年間でスマホ訪問者数が30倍以上に。
 →PCやガラケーよりも圧倒的に多い

●解析の目的を「アプリのダウンロード効率化」から「アクション効率化」へシフト。

●SUUMOアプリの基本導線は「トップ→物件一覧→物件詳細」

●「デバイス別の特長」や「アクセス解析」について思いつく仮説を洗い出し
 それを一つ一つ検証していった。

●スマホの普及率は急激に伸びている。
 →アクセス解析も同じスピード感で高めていないといけない

 

************************************************************

  【デバイス別の特長についての仮説検証】

【仮説1】ブラウザの方が新規ユーザ高いのではないか?
  →アプリの多くのはリピーター(新規10%未満)。スマホwebはPCと同じ傾向で約35%。
  →アプリはストック価値が高い。ブラウザだけではスマホはおさえられない。

【仮説2】アプリの方が訪問者あたりの訪問数が多いのでは?
  →スマホwebより大幅に多い。スマホwebはPC並み。

【仮説3】スマホの直帰率は低いのでは?
  →ブラウザより大幅に低い。
  →Android>iPhoneなのは表示スピードの差では?

【仮説4】滞在時間はアプリの方が高いのでは?
  →スマホwebの約8倍。iPhone>Android。

【仮説5】スマホは夜寝る前の時間帯の利用者が多いのではないか?
  →スマホとガラケーは変わらない。
  →20時以降はタブレットの利用率が高く、日中より家で使われている?
    →タブレットへの広告配信は夜のほうが有効?

【仮説6】スマホブラウザはiphoneよりAndroidの方が高いのでは?
  →Android:iPhone=4:1(AndroidOSの2012年1月時点シェアは60.9%)
    →Androidはアプリを利用しない比率が高い。
      →マーケットの利便性の低さやデバイスの容量が少ないため?
        →有料集客がiPhoneに寄っている?

【仮説7】1訪問あたりのPVはアプリの方が多いのでは?
  →アプリの方が圧倒的に高い。特にAndroid。
    →Androidのほうが本気の検討者が多い?

 

************************************************************

【アクセス解析についての仮説検証】

【仮説1】最も資料請求数が多い導線はiPhoneとAndroidで違う?
  →ブックマークからの資料請求数がiPhoneの方が多い(32%>12%)
  →iPhoneの方がUI仕様上すぐブックマークしやすい(ブックマークボタンが常に表示)
    →(さらなる仮説)Androidでもブックマークボタンを別途設置すると資料請求数が上がるのでは?

【仮説2】資料請求以外に見るべき指標があるのではないか?
  →「Webサイトで詳しく見る」「友達に教える」需要が高い(よく使われている)
    →(さらなる仮説)物件URLをPCに送信してPCで資料請求しているのでは?

【仮説3】スマホGPS機能は使われていないのでは?
  →「現在地から探す」の資料請求は少ない(GPS機能はあまり使われていない)

【仮説4】「電話で問い合わせ」は資料請求以上に多く使われているのでは?
  →資料請求数の1/10しかない。
  →半分以上の人が電話ボタンを押してからやめている。

※どのページ/イベントが使われていないのかを把握し、レビューコメントを毎日読むことで、
 カスタマにしっかり向き合い、開発案件に反映する。

 

************************************************************

【気付いたこと】

●データを疑うところから始まることが多い

●開発スピードを優先する余り、ログの設計がおろそかになっているケースがある

●想像以上にiPhoneとAndroidに差がある

 

************************************************************

【その他】

●スマートフォンは「有料集客」のダウンロード数の計測が難しい。
 →施策ごとのダウンロードが難しい。

●立ち上げブラウザ方式
 ・有料集客からのリダイレクトページにCookieを仕込む。
 ・初回アプリ起動時に「SUUMOの他のアプリを見ますか?」というダイアログを出す。
 ・ブラウザに遷移させ、Cookieを仕込む。
 ・その時に仕込んだCookieを照合する。
   →「いいえ」を選ぶと計測はできないので想定値で。

●データがないと意思決定ができない。ツールは導入するべき。

●代理店ですら予期せぬトラブルが多い。チャレンジしながら、転びながら進めるイメージ。

●まわりの人間がフランクに頻繁に声をかける環境。
 →そういった環境が人を育てるのではないか?

 

************************************************************

【関連URL】

●アクセス解析イニシアチブの活動報告
 (前編)http://a2i.jp/activity/summit/12315
 (後編)http://a2i.jp/activity/summit/12305

●アクセス解析サミット:その他の講演
 [2]http://kereru-biz.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/2ibm-coremetric.html
 [3]http://kereru-biz.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/20123club-panas.html
 [4]http://kereru-biz.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/20124ec-f3e8.html

 

************************************************************

 

« アクセス解析イニシアチブin名古屋 | トップページ | アクセス解析サミット2012[2]/IBM Coremetricsの利用事例紹介とユーザー行動データのアクション化/cci根本朗生氏 »

研修・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1531819/45702771

この記事へのトラックバック一覧です: アクセス解析サミット2012[1]/住まい探しサイトSUUMOにおけるスマートフォンマーケティング/リクルート勝田良介氏:

« アクセス解析イニシアチブin名古屋 | トップページ | アクセス解析サミット2012[2]/IBM Coremetricsの利用事例紹介とユーザー行動データのアクション化/cci根本朗生氏 »