フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« Webアナリスト養成講座/GAの各種カスタマイズの利用法 | トップページ | Webアナリスト養成講座/LPOとA/Bテスト/春元和正氏 »

2012年9月13日 (木)

広告貢献度可視化セミナー

GMO NIKKO社主催のWeb広告/ソーシャルメディアについてのセミナー。
広告貢献度可視化をテーマに、様々な事例が共有されていました。

ATARA杉原さん、Fringe81田中さん、Google伊藤さんによるパネルディスカッションも
見応えのある内容でした。

※特にお名前.comでの事例(ターゲットを絞ったCVパス分析と予算シフト)は
  非常に興味深かったです。

 

近年、テクノロジーの進化により、様々なことができるようになり、
よりユーザー心理に寄り添った打ち手が可能になってきました。

その分、広告代理店だけでなく広告主も、深い知識とスキルが求められますし、
そして何よりも顧客についての理解・想像力が問われます。

大変ですが、面白くなってきました。

 

以下、講義メモです。

************************************************************

<2012/9/13 広告貢献度可視化セミナー>

アドテクノロジーを活かした次世代マーケティング
広告貢献度の可視化をテーマにした新たな取り組みに関して

 【1】ソーシャルメディアを活用したマーケティング事例

 【2】アドテクノロジーの最新活用事例と考察

 【3】パネルディスカッション

 

************************************************************

【1】ソーシャルメディアを活用したマーケティング事例

※SNSの費用対効果をどう見るか?何をKPIとすべきなのか?
  KPIの考え方の事例

 

(GMOアドパートナーグループの新卒採用Facebookの事例)

●新卒採用Facebookで学生のためになるコンテンツを提供
 ・社員の日常、休日紹介
 ・広告業界を目指す学生向けのリンク数(競合他社も含む)
 ・適職偉人診断(いわゆる診断コンテンツ)

●診断コンテンツの広がり(波及)の可視化を試みた

 ・広告→サイト
       ↓
      各SNS→サイト
             ↓
           各SNS→サイト

●広告からの直接流入が2138に対し、友達が友達を連れてきた数は3021
 →波及で連れて来る人の方が多かった。

 ・総訪問数:5159
 ・直接効果:2138
 ・波及効果:3021
 ・波及率:141%   ※つまり、1人が1.4倍の人を連れてきた

(詳細の数字)

 ・リクナビからの誘導:2138
 ・2次波及:630
 ・3次波及:504
 ・4次波及:386
 ・5次波及:384
 ・6次波及:336
 ・7次波及:307
 ・8次波及:272
 ・9次波及:203

●その結果、ソーシャル就職人気企業ランキングで上位に。
 →広告代理店としては電通・博報堂につく3位に。

●まとめ
 1)ちゃんと運用するとイケてる学生をたくさん集めることができる
 2)学生に会社のリアルな空気感を伝えることができる
 3)広告だけじゃなくてもターゲットを呼ぶことができる

●PC、SP、FPでの各ソーシャルの利用状況をそれぞれ調べてみた(デバイス×SNS)
 →「Twitter×スマートフォン」の組み合わせが一番強い。(25,000)

   Twitter:60000
   Facebook:27000
   mixi:23000

   SP:47000
   PC:35000
   FP:28000

 ※数字は丸めたもの

●クリエイティブ視点でもメディア予算の最適化が考えられるのでは?

 

************************************************************

【2】アドテクノロジーの最新活用事例と考察

 (1)アドテクノロジーを用いた広告貢献度可視化のポイント

 (2)最新のリターゲティング事例

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(1)アドテクノロジーを用いた広告貢献度可視化のポイント

●アトリビューション分析
 →成果に至るまでにユーザーが行ったアクションを「可視化」し、その貢献度を分析すること

●アトリビューションマネジメント
 →分析により導きだした貢献度に応じて広告予算の再配分を行うこと

 ※例えば…

   媒体A(View)
    ↓
   媒体B(View)
    ↓
  媒体C(Click)
    ↓
    CV

 ・媒体Cのみ評価       :ラストクリックモデル
 ・媒体A~Cそれぞれ評価  :均等評価モデル
 ・媒体Aのみ評価        :ファーストタッチ評価

●分析と施策を行えるのであれば、どの手法も正解。
 →施策につながるような分析・モデル選択を行うことが重要。

●広告貢献度可視化は「アトリビューション」「ステージ」「マイクロコンバージョン」で構成
 →今回は「アトリビューション」の説明

●広告貢献度可視化の重要な要素「態度変容」

 ※例えば、会社帰りに以下のようなことがあって缶ビールを買った場合、
  どれを評価するか?

    1)交通広告のある電車に遭遇したこと
    2)缶ビールの写真にそそられたこと
    3)家路にコンビニがあった

●「ミッションに沿った指標設定」「態度変容の可視化・数値化」が重要

●検索行動において
 ・Bigwordの検索数は多いが、競合が多いため、金額だけ見て離脱するケースが多い。
 ・一方、ブランドワードの検索で流入してきたユーザーはサービス内容まで吟味。

   →コンバージョンのボリュームを向上させるために、ディスプレイ広告を用いて
    ブランドワードの認知+特徴の明確化を行い、ブランドワードで検索させる

●ビュースルーサーチクエリー(VSQ)の取得
 →単価が低く収まり、かつブランドワードの検索に流れるKWを見つける

●ユーザーが広告を見た後に検索に動き、自社サイトに流入した時に
 どのようなキーワードで検索していたのか?を可視化する

●VSQ単価:一つのVSQを生み出すの必要なコスト
   ・投下コスト:180万円/VSQ数 353  → VSQ単価 5099円
   ・投下コスト:200万円/VSQ数 1049 → VSQ単価 1907円

●バナー上でブランドワードを目立たせて記載してみた
 →VSQ数は約4倍に(40→120)、VSQ単価は約1/4(7500円→1833円)

●リスティング広告への影響をCTRとCPCでプロットするとVSQ数、CTRが伸びていった。

 ・VSQ数自体が大きくならない場合
    →クリエイティブの変更を検討

 ・VSQ数大きくなるがCTRが、向上しない場合
    →バナークリエイティブとリスティング広告のTDの関連が弱い

 

(認知速度効率の概念)

●IPF:Impressin Per search Flow
 →1ブランドワード検索流入に用いた広告表示回数(小さいほどよい)

  A:100万impで100人のブランドワード検索流入:10,000 IPF
  B:100万impで50人のブランドワード検索流入:20,000 IPF

●IPFは「速度効率」、CPCは「費用効率」として利用

 ・スピード重視のキャンペーンの場合はCPCよりIPFを重視
 ・とにかく安くの場合はCPCでを重視

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(2)最新のリターゲティング事例

●DMPの活用(Data Management Platform)

●来訪回数により、リータゲティングクッキーを分ける
 →見込み客が高いユーザに関しては、高い単価でのリターゲティング配信を行い、
   見込み度が低いユーザーには、単価を下げて「育てる」運用

●通常設定(120日以内にLPに1回訪問)だとCVR0.2%、CPA7.5万円だが、
 DMP活用により(30日以内にLPに3回訪問)CVR1.6%、CPA6250円
  →ただし後者のみの運用だとCVの絶対数は減るので、
    通常のリターゲティングも並行して行う。
     (見込み度に合わせて、単価のメリハリをつける使い方)

 

(リスティング広告との活用事例)

●コンバージョンのボリュームを増やすために片方の媒体で取れているキーワードに対しては
 リターゲティングで刈り取るイメージで運用を行う
  →例えば、Y!では取れているが、Googleで取れていない検索KWについて
    強めでリターゲティングを行う

●コンバージョンまでの時間が長いキーワードは早急な刈り取りを行う

 …例えば、

  ・証券:4時間
  ・アドロン証券:15分
  ・口座開設:3日

 だとすると、「口座開設」で検索してきた人だけに
 訴求を変えながら積極的にリターゲティングを行うことで、
 コンバージョンの速度効率を上げ、コンバージョンの底上げを行う

  →刈り取りまでの期間を縮めることで、刈り取れる数も上乗せできる

●アドテクノロジーを用いた施策は設計する人間により効率が決まる。

 

************************************************************

【3】パネルディスカッション

 アタラ合同会社 杉原 剛氏
 Google 伊藤 裕揮氏
 Fringe81 田中 弦氏
 ファシリテーター:GMO NIKKO 谷本秀吉氏

  ・テーマ①:アトリビューションマネジメント
  ・テーマ②:第三者配信ツール
  ・テーマ③:キャペーンの統合管理
  ・テーマ④:デジタルマーケティングの未来

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

[テーマ①:アトリビューションマネジメント]

●アトリビューションで何を導くか?何がゴールか?

●改めて「アトリビューション」とは…

 「消費者の態度変容」を促すために、
 ますます多様化・複雑化する消費者の購買行動を「可視化」し、施策全体を見た上で、
 企業経営の一環であるマーケティングを再構築するための取り組み

●新しい指標の持ち込みは社内の反発を招く場合がある。
 →既存の考えを壊したり、ある立場の人を追い込むことになるので。

●シンプルに成果につながることを明らかに。

●まずは現状の可視化から行うべき。

●成果の重み付けのモデルは状況に合わせてカスタマイズが必要。

●事業のステータスやビジネスモデルによっても違う。
 →立ちあげ期はファーストタッチ重視、成熟期はラストクリック重視、など

●複数のモデルを同時に試して、どれがよいかを比較して見極める手もある。
 →ただし分析のコストがかさんでしまう

●わからなければ、まずは均等配分モデルから始めるのがいいのではないか。

●日本では去年までは懐疑的だったが、今年度は獲得系のところも取り組みつつある。

●米国ではアトリビューション分析専用ツールや統合キャンペーン管理ツールの実装が進みつつある

●1000万円あったら、全額広告費に使うのではなく、1割を情報取得のための解析ツールに当てたほうが効率が上がる場合がある。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

[テーマ②:第三者配信ツール]

●純粋にデータ量が多いので「判断材料が増える」
 →最終的に使うかどうかはともかく、テラクラスのデータ量が手に入る。
   アクセス解析ツールなどではデータを捨ててしまっており、分析しようにもできない。

 

(お名前.comの事例)

●前提として「既存客より新規客をどう増やすか」が事業課題。

●バナー広告をクリックしてのCVは全体の4.3%
 →残りの95%をどう評価するか?

●CV経路分析を行い、ファースト重視評価を採用
 →しかも「バナーView」のみを評価。予算を配分。
 →新規獲得の上ではこの指標が一番有効とわかった。

●ノンターゲティングでも、いいサーチを生む媒体に予算を振るとリターゲティングを生む。

●アトリビューションマネジメントの成功ステップ
 1)ビジネスインパクト(≒売上)が高まる獲得を特定する
 2)第三者配信アドサーバ上でCV種別を分ける
 3)顧客別のCVパス分析をする
 4)ビジネスインパクトが高くなるアトリビューションモデルを採用する
 5)アトリビューションスコアに従った媒体・リアロケーション
 6)PDCA完成。改善の繰り返し

※「新規客を増やす」にあたって、既存客と切り分けて分析すると、CVパスが随分と違った。
  新規客のCVパスにのみ着目し、そこに効いている媒体を見つけた。

●すべてのCVを全数管理ではなく、ビジネスに効くCVに絞って、深く分析。

 (事例まとめ)

  1)コンバージョン時に新規顧客か既存顧客かを分けて第三者配信

  2)アトリビューションスコアをKPIに組み込んだことで別の視点での
    メディアプランニングを作成できるようになった

  3)ラストクリックではなく、ファーストタッチモデルを採用してKPI化し、
    PDCAをまわすことによりコンバージョン数やCPAの全数管理に加え、
    ビジネスインパクトの大きいところに予算を集中

 

●第三者配信ツールの設定については初期の設定の確認が重要。
 →例えば、自然検索とリスティングの切り分けができないツールが多い。

●リッチアド(動画広告)はクリックだけでなく、インタラクション(オンマウスなど)も取れる。
 →それにより、分析できるデータが10倍くらいに増える(わかることが増える)
 →ただし「そのデータがどういう意味なのか」をよく考える

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

[テーマ③:キャペーンの統合管理]

●米国では広告出稿、キャンペーンを統合管理していく流れにある。

●日本ではリスティングツールの導入ですら1%にも満たない(遅れている)

●結局、ツールを導入しても、使うのは「人」。
 →全自動では先細りになる。ノウハウを持った人が使わないとダメ。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

[テーマ④:デジタルマーケティングの未来]

●コンバージョンダブルカウント問題
 →2つのDSPから配信すると、実際には1CVでも、両方CVがつく。

●米国ではデータサイエンティスト職の募集が増えている
 →マッキンゼーの調査によると、今後データアナリストは10-14万人不足。
  ビックデータの解析から正しい意思決定ができる管理職/アナリストは150万人不足

   ※これは日本でも近いうちに同じ状況になるはず。

●ネットでつながると生産性が大幅に上がる

●非構造化データどころか、構造化データの分析すらまだまだ
 →やれることはたくさんあるはず。

●半歩先のところを見据えて、現状やるべきことをきちんとやることが重要
 →まずは自社の顧客データや商品データの分析からでも。

●広告主側のマーケッターとして必要なのは知識と実践。
 →新しい分野に一定の予算を投下するべき
 →安定してから使うのではなく、自分が育てるつもりで。

●広告代理店との付き合い方を変えたほうがよい。
 →媒体を持ってくる存在、ではなくサービスとして捉える。サービスの力で選ぶ。
 →コンペではなく、長期間付き合う。

●発注者側の責任を考えろ
 →発注する側のディレクションに問題がないかをまず考える

●パートナー像としてあるべき姿
 ・上流から下流までを見れる
 ・テクノロジードリブン
 ・広告にとらわれず、売上を伸ばす
 ・自己主張が強い。直言できる。
 ・成果に対して逃げない。期待を越える。

 

************************************************************

【関連URL】

●アド論(GMO NIKKO社による情報サイト)
  http://ad-ron.jp/

 

************************************************************

 

« Webアナリスト養成講座/GAの各種カスタマイズの利用法 | トップページ | Webアナリスト養成講座/LPOとA/Bテスト/春元和正氏 »

研修・セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1531819/47151218

この記事へのトラックバック一覧です: 広告貢献度可視化セミナー:

« Webアナリスト養成講座/GAの各種カスタマイズの利用法 | トップページ | Webアナリスト養成講座/LPOとA/Bテスト/春元和正氏 »