フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

カテゴリー「研修・セミナー」の記事

2013年2月20日 (水)

タグマネジメントで変わる計測運用の効率化 ~アクセス解析や広告効果測定の運用をどう省力化できるか~

ちょうど気になっていたタグマネジメントが今回のテーマ。

アクセス解析イニシアチブのセミナーは
いつもテーマ設定がタイムリーでありがたいです。

 

特に印象的だったのは

 コスト削減や工期短縮だけでなく、投資の観点を。

というメッセージ。

「攻めのタグマネジメント」と表現されていましたが、
タグの出し入れが仕方が根本から変わることにより
発想次第で色々な活用法がありそうです。

最近のタグマネジメントツールの中には同時に行動履歴を取得して、
ターゲティングに利用できるものもあったりしますし、
まだまだ広がりが出てきそうな分野だと感じました。

  

以下、講義メモです。

************************************************************

<第1部:タグ・マネジメント・ツールとは(入門編)/畑岡大作氏>

【タグ・マネジメントとは?】

●アクセス解析ツールを利用する際の問題点
 ・埋め込むタグの種類がたくさんある
 ・開発担当(システム)への依頼が手間
 ・現在の埋め込んでいるタグの状況がわからない
 ・外部の人間にタグを確認してもらいづらい

●タグ・マネジメントとは「タグを管理して問題を減らそう」という考え方
 →ツールを使わず、Excelなどでタグ情報をまとめ、把握・管理するのもタグ・マネジメント
 →しかし、ツールを使わないと解決しない問題も多いので、ツールを使う。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【タグ・マネジメント・ツールとは?】

●タグ・マネジメント・ツールとは?
 ・Webページへタグを貼り付けて利用するツール
 ・Webページに埋め込むタグを一元管理
 ・管理するタグは、ツールの管理画面で保存/設定

●タグ・マネジメント・ツールの仕組み
 1.使用するWebページにタグマネジメントツールのタグを埋め込む
 2.ユーザーがアクセスし、ツールのタグが実行される
 3.ツールが呼び出され、保存されたタグをチェック
 4.発行条件を満たしたタグが発行される

●タグ・マネジメント・ツールのメリット
 1.Webページへ埋め込むタグは1種類で良くなる
  →「埋め込むタグの種類がたくさんある」が解決

 2.システムとタグ管理の切り分けができる
  →「開発担当(システム)への依頼が手間」が解決

 3.管理画面から常に最新のタグの状況がわかる
  →「現在の埋め込んでいるタグの状況がわからない」が解決

 4.権限を分けて複数ユーザーで運用可能
  →「外部の人間にタグを確認してもらい辛い」が解決

●タグ・マネジメント・ツールのデメリット
 ・サーバがダウンしていると利用不可能
   →ちなみにGoogleタグマネージャとGoogleAnalyticsは同じインフラ

 ・導入コスト(作業工数)がかかる
   →既存タグのリストアップや、ツール側でのタグの設定など
   →サイト立ち上げ時やリニューアル時にやると負担も減らせる

 ・ツールを万全に使いこなすには知識が必要
   →応用するには、JavaScriptの知識が必要

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【タグ・マネジメント・ツールの使い方】

※Googleタグマネージャでの例

●大まかな流れ

 1.利用登録(アカウント作成)
 2.既存タグのリストアップ
 3.タグ・マネジメント・ツールのタグ埋め込み
 4.タグの設定
 5.テスト&デバッグ
 6.公開(公開)

●利用登録(アカウント作成)
 ・GoogleAnalyticsと同様にGoogleアカウントでログインして開始
  http://www.google.com/tagmanager/

●既存タグのリストアップ

 1.現在Webサイト内に埋め込んでいるタグを「すべて」リストアップ
  ・ツール名(例:Googleアナリティクス)
  ・タグ内容(実際のタグHTML)
  ・埋め込み場所、条件(URL、計測アクションなど)
  ・使用変数(タグ内に存在する変数)

 2.リストアップしたタグの一覧を見て、ツールに移行するタグの選定と設計を行う。

●タグ・マネジメント・ツールのタグが発行するタグをWebサイト内の全ページへ埋め込み
 →<body>タグの冒頭に記述

 

(管理画面の各項目)

●タグ:実際にWebページに埋め込むタグのこと
 ・フォーマットが用意されていない場合、HTML自由入力可能な「カスタムHTMLタグ」を利用
 ・タグの中で変数を使用することもできる

●ルール:タグを発行する条件
 ・全ページでタグを発行する、URLが○○の時だけタグを発行する、など
 ・マクロを使って条件を指定
 ・除外条件としても利用可能(○○の場合にタグを発行させない)

●マクロ:ルールやタグで利用できる変数のこと
 ・具体的には「URL、リファラー、JavaScript変数、DOMテキスト/属性」など

●テスト&デバック:管理画面にログインしているユーザーだけ見ることができる確認用モード
 ・Googleタグマネージャでは履歴を世代管理可能(昔の設定に簡単に戻せる)
 ・画面下部に各タグの発行状況が表示される

●バージョン詳細画面から「公開」ボタンを押すと一般公開(押し忘れに注意)

●ツールに移行したタグは既存サイトのHTMLからは必ず除去。
 →例えばGAタグだと、直書きのタグが残っているとダブルカウントされる

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【Googleタグマネージャでできること・できないこと】

●GA以外のツールに対応している
 →主だったものはリストに用意されている
 →それ以外は「カスタムHTMLタグ」を選び、タグのHTMLをそのままコピペする

●サブドメインや複数ドメインでも使える
 →複数ドメインで記述が必要なGAのオプション項目としてフォームが容易されている
 →複数ドメインに同一コンテナのタグを埋めて使用可能

●同一URLのページでも出し分け可能
 →「URL+その他の条件」で設定(ページ見出しに「入力」を含む、など)

●特定のJS関数内からGoogleタグマネージャを呼び出して実行できる
 →eventというマクロで呼び出す

   <script>
    dataLayer.push({'event':'イベント名'});
   </script>

●Googleタグマネージャへデータも渡せる
 →タグの内容としてマクロが利用できるので、マクロとして登録できる形
  (例:特定のidテキスト、JavaScript変数など)であればデータを渡せる
 →Googleタグマネージャでの利用を前提とした形式としてデータレイヤー変数が用意されている

●GoogleAnalyticsタグもga.jaとdc.jsどちらも選べる
 →「ディスプレイ広告主向けのサポートを追加」にチェックを入れると、dc.jsに。

●GoogleAnalyticsタグのeコマースタグにも対応
 →「トラッキングタイプ」でトランザクションを選ぶ。

●ページビュー計測で擬似URLも使える
 →「仮想ページ遷移」にチェックを入れて設定。

●カスタム変数も設定可能
 →「カスタム変数」にチェックを入れて、スロット/値等を設定。

●イベント発行もできる
 →トラッキングタイプで「イベント」を選択。

●特定リンククリック時のイベント発行はJavaScriptの利用が必要(今後、機能としては実装予定)
 →現状はカスタムHTMLタグで、JQueryなどでaタグにイベントをbindさせて対応

●複数UAの2重トラッキングが容易に可能
 →これまでのような特殊な記述は必要ない。

●ウェブテスト(A/Bテスト)はできない(今後、機能としては実装予定)
 →Googleタグマネージャで管理するタグは非同期タグのみ。
    同期タグでなければいけないものは動作保証されていない。

●A/Bテストの他にも、タグ内で以下のものは利用できない。
 ・document.writeを含むタグ
 ・動機して読み込む必要があるタグ
 ・ページ内の構造が関わるタグ(例:ソーシャルの共有ボタン出力JS、など)

●クロスドメイントラッキングも一応対応
 →_setDomainName、_setAllowLinkerについてはオプション対応されている
 →ただし_link()関数関数の自動付与機能は提供されてないので、
    現状はカスタムHTMLタグで、JQueryなどでaタグにイベントをbindさせて対応。

●タグの呼び出し順番はランダム(指定はできない)

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【まとめ】

●Webページに埋め込むタグを一元管理するためのオンラインツール

●Webページに埋め込むタグはツールのタグだけでOK

●その他のタグはツールの管理画面で管理
 ・システムと切り分けができます。
 ・管理画面から常に最新のタグの状態がわかる

●権限を分けて複数ユーザーで運用可能。

 

************************************************************

<第2部:タグマネジメントは慎重に/NTTコムオンライン 久本英太氏>

「コスト削減」と「新たなコスト」のバランスを取ることが必要。そして「投資」の観点を。

 1.現状把握/ケース・スタディ
 2.問題点や落とし穴
 3.導入の考え方
 4.ソリューションを活用するとは何か?
 5.まとめ

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【1.現状把握/ケース・スタディ】

●立場によってタグマネジメントに求める業務改善効果は違う。
 →エンドユーザはタグの追加変更について、代理店は導入コストについて。
 →タグの表示速度についてはそもそもニーズが弱く、あまり効果も感じない。
 →「苦い経験」がどこにあるかで効果の感じ方が変わってくる。

●タグ導入期間は44%が「1週間以上かかる」と回答

●とある会社ではタグ張り替えに開発者コストが月平均120時間かかる

●TEI手法によるROI試算ではROIは128%、改修期間2.6ヶ月
 →費用28万ドルに対して、総便益は64万ドル。36万ドルの収益。

●旅行系サイトAの事例
 ・ソースコードに一切の追加記述をせずにリコメンデーション広告の運用を可能に。
   →タグマネージャ用のタグも入れられない。
 ・元々入っていたVisionalistタグの呼び出し時に、別タグを読み出す仕組みを構築。

●人材系サイトBの事例
 ・セキュリティポリシーの厳しいページへのタグ挿入を簡単にできるように。
 ・セキュリティ管轄部門に対して、運用ポリシーや通信方式の確認など
  詳細に説明して信頼を得る必要がある。

●ここまでのまとめ
 ・立場によって評価は変わる。
 ・工数とコスト削減はできそう。
 ・背景によって微妙にニーズは違う。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【2.問題点や落とし穴】

●そもそも何を改善しようとしているのか?
 →よく取り沙汰にされるのは「実装」の部分だが、「動作検証」についてはあまり焦点が当てられない。
 →多種のブラウザ、デバイスチェックや、HTML5など。

●体制構築、特に責任者を明確にしておく必要がある
 →対応自体に技術理解が必須。
 →常に最悪のケース(サイトが止まる)を想定しておく。
 →組織が変わっても引き継ぐができるか?

●タグマネジメントの先にあるタグが悪さをすることがある
 →情報セキュリティ規程の遵守が必要。
 →信頼関係の中で業務が行われることが実は一番の業務改善。

●技術要素の理解が必須
 →Ajax(非同期処理)の理解
 →実行順序が明確に定義されているタグまで非同期処理に入れると大変なことに。
 →サイト側のjqueryをアップデートしたら特定のタグが動かなくなったりした場合など
  原因の切り分けや、事象再現等の基本的な対応が可能か?

●ここまでのまとめ
 ・改善のポイントは結局"人"
 ・責任者の技術理解は必須
 ・コストの不可視化が起こる(作業が見えなくなる)

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【3.導入の考え方】

●単純なタグ張り替えコスト減以外の「投資メリット」を出せないか?

●タグマネジメントとはソリューションマネジメントである
 →フロント側で実施していた動作制御をバック側(管理画面)でできることを活用。

●タグコントロールによるリマーケ出稿量制御
 →リマーケタグの出し入れが容易になることで、タグの出し入れで出稿量を調整。
 →「タグの接触人数=広告表示人数」

●Javascriptの変数を共通化した連携
 →ユーザーの回線を判定して、表示を切り替えなど。

●非同期通信を活用したソリューション連携
 →サイト外のDWHに通信をかけ、人(ID)ごとに広告接触回数を変える。

●O2Oソリューションへの活用
 →タグマネジメント内でフォーム内にHidden要素としてID情報を埋め込み。
  フォーム送信時にID情報も送信し、自社DBと紐付けてCRM連携。

●守りのタグマネジメントと攻めのタグマネジメント

 現状:タグを貼るだけ
 STEP1:タグ導入を管理(導入箇所の把握、運用フロー構築)
 STEP2:タグ導入をマネジメント(導入の効率化)
 STEP3:ソリューションをマネジメント(活用)

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【4.ソリューションを活用するとは何か?】

●ベンダーの売り文句に注意
 ・高度な処理ができるシステムの提供  → そもそも高度な処理が必要?
 ・ユーザーがよりツールを使いこなせる環境の整備 → ユーザー側にコスト転嫁しやすくなる?
 ・他システムと連携いた便利なプラットフォームの構築 → 解約されにくくなる?

●ソリューション活用とはソリューションとの「対話」
 →ユーザー側で咀嚼して、ソリューションを活かしきる。
 
 

************************************************************

【関連URL】

●アクセス解析イニシアチブの活動報告
  http://a2i.jp/activity/activity-report/14657

 

************************************************************

 

2013年2月14日 (木)

_gaTracker5に参加させていただきました

_gaTrackerとは日本のトップレベルユーザーによるユーザー会で、
定期的にミーティングや情報共有を行なっています。

私自身はトップレベルでもなんでもないただのユーザーですが、
幹事いちしまさんのご厚意で参加させていただきました。
(いちしまさん、ありがとうございます!)

 

GAとは直接関係ない部分で恐縮なのですが、nanapi古川さんの

 すべてにおいて優先すべきは「ユーザーに支持されること」

という一言に深く共感しました。

以前、食べログのかたからお話を伺った時もそうだったのですが、
うまくいっているサービスは、マネタイズはあと付けで、
とにかく「ユーザーに役立つサービスを提供したかった」というものが多い気がします。

そして、アクセス解析も、日々の改善活動も
全てはこのためであることを改めて感じました。

  

以下、_gaTracker5の各発表内容をまとめた記事へのリンク集です。

************************************************************

●_gaTracker5:各発表メモ

 _gaTracker 5[1]/WebサービスでのGoogleAnalytics活用/nanapi古川健介氏

 _gaTracker 5[2]/集客効果測定のアドバンス運用-B2B編/メディックス 於保真一朗氏

 _gaTracker 5[3]/インハウスSEO、SEM担当者によるGoogleアナリティクス活用方法/ムラヤマユウスケ氏

 _gaTracker 5[4]/Googleタグマネージャとユニバーサルアナリティクス/Google中島弘樹氏

 _gaTracker 5[5]/Googleアナリティクスプレミアムのご紹介/Google大内範行氏 

 

************************************************************

【関連URL】

●_gaTrackerの活動報告
  http://gatracker.org/archives/728

 

************************************************************

 

2013年2月13日 (水)

_gaTracker 5[5]/Googleアナリティクスプレミアムのご紹介/Google大内範行氏

以前、プレミアムについて発表された際に、

  今後は有料版のみ機能追加がされていき、
  いずれ有料前提のツールになってしまうのでは?

と思った方も少なくないのではないかと思います。

しかし、実際にはそんなことはなく、
今後も無料版は新機能を追加していくとのことでした。

 

今や当たり前のように感じてしまっていますが、
そもそも無料でこんな高度なアクセス解析ツールが提供されていること自体
ものすごいことだと思います。

 「Webを良いものにしていきたい」

 「ユーザーのニーズに応えたい」

というGoogle社の思いが感じられ本当に頭が下がります。

とても足を向けて寝られません。

 

以下、講義メモです。

************************************************************

●有料版を設けた背景として企業側からのニーズが強かったことがある
 →上限ヒット数の問題や、SLAを締結したい、など。

●基本的には無料版にも新機能を追加していく。機能で有料/無料の差別化するつもりはない。
 →有料版しかできない機能は今のところDFA連携だけ。

●GoogleAnalyticsプレミアムの特典
 ・レポートへのデータ反映時間(24時間→4時間以内)
 ・上限ヒット数改善(月間10億ヒット。無料版は1000万ヒット)
 ・データの扱い(ユーザーの権利保持の明文化)
 ・SLAの締結(サービス規約):99.9のデータ収集、99%のレポート反映、98%の4時間以内レポート反映
 ・サポート窓口、教育トレーニング
 ・サンプリングされないデータのダウンロード(300万行まで)
  →Exportメニューに追加されている
 ・DFA連携(DFAがトラフィックの参照元として表示、アトリビューション分析) 

●「他ツールの置き換え」ではなく「併用」も多い
 →「無料版からの移行」「置き換え」「併用」それぞれ1/3ずつぐらい。

 

************************************************************

 

_gaTracker 5[4]/Googleタグマネージャとユニバーサルアナリティクス/Google中島弘樹氏

Googleタグマネージャは本気で検討していたところだったので
自分にとって、とてもタイムリーな内容でした。

タグ一つ入れるのに1週間どころか、数週間かかってしまうことは
(悲しいですが)実際よくあったりします。

 

ユニバーサルアナリティクスのリリースはまだ先のようですが、
特にスマホ/PCでのデバイスまたぎはかなり発生しており、
成果計測が適切に行えないのはかなりしんどい状況です。

どのタイミングでデータを紐付けるか少し難しい気もしますが、
Googleならばやってくれそうな期待感があります。

 

以下、講義メモです。

************************************************************

【Googleタグマネージャ】

●Google Tag Assistantによりどのようなタグが入っているかチェックできる。

●Ghosteryを入れると、Google以外のタグも見れる。

●タグのロードは非同期で処理(サイトパフォーマンスに影響なし)
 →同期タグも自動的に非同期に。
 →A/Bテストのタグなどは非同期だと逆に困るので注意。

●導入手順
 ・全てのページのタグの洗い出し
 ・タグマネージャにログインしてコンテナを作成
 ・コンテナ スニペットをすべてのページの<body>直下に設置。
 ・タグ、ルールやマクロを設定
 ・既存のタグを移行した後、これまでのタグを削除
 ・タグの発行!

●タグの種類
 ・画像タグ
 ・カスタムHTMLタグ

●ルール
 ・カスタムイベント:クリックなどのイベントで呼び出す
 ・参照元:訪問時の直前参照サイトを元に動的タグを呼び出す
 ・URL:購入完了ページにタグを呼び出す、など
 ・キーバリューのペア:カテゴリーがスポーツだったら呼び出す、など

●タグマネジャでGoogleアナリティクスタグをいれるとページを触らずに済む。
 ・GAリマーケ用のタグの書き換え(ga.js→dc.js)
 ・クロスドメイン
 ・仮想ページ遷移
 ・カスタム変数

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【ユニバーサルアナリティクス】

●ユーザーのタッチポイントは様々。デバイスを越えて分析する。

●Cookieに情報をもたせるのではなく、ユーザーIDは一つでサーバ側で管理。

●セッションをまたぐ行動も取れるので、ライフタイムバリューも計測できる。

●顧客IDなどオフラインデータとの連携もできる
 →CRMのデータと統合(GAにデータをあげる)

●ユニバーサルアナリティクス用のタグも1st Party Cookie
 →クロスドメインについてはなんらかのソリューションを設ける予定

  

************************************************************

_gaTracker 5[3]/インハウスSEO、SEM担当者によるGoogleアナリティクス活用方法/ムラヤマユウスケ氏

 解析から遠い人は知りたいことや興味のあることからスタートさせる。

というのは、とても重要な視点だと思います。

企業内でWeb担当をしていると、報告の対象者は
立場も、Webに対する理解レベルもバラバラだったりするので、
相手の関心事を的確に捉えることが大切です。

 

そのための

 項目名は専門用語ではなく見る人にわかりやすい言葉に変更。

といったきめ細かい配慮もとても重要だと思います。

  

以下、講義メモです。

************************************************************

●SEOをやる上ではアクセス解析が必要。

●インハウスではなかなか解析ツールを閲覧する時間を割きづらい。
 →ただし、日々のチェックを怠ると、気づいた時は手遅れに。

●カスタムアラートでアラートを立てることもできるが、時すでに遅しの場合もある。

●結果として、マイレポートを定期的に見ることにした。

 

【1】実際に、どのように見ていくのか?

 ●SEOではテンプレートページ別に作成し、見ていく。

 ●リスティングではグルーピングしたキャンペーン別に見ていく。

 ●上から順番に見ていき、気になった部分は深堀り。
   →新規/リピーター別に訪問別PVやCV率を見てみる

 

【2】さらに加速して役立つ2つの機能

 ●カスタムレポートへマイレポートからリンクを貼る。
   →ウィジェット内の「レポートまたはURL」に設定。

 ●マイレポートだけでは深堀りに限界のある指標やセグメントをカスタムレポートで補う。

 ●ショートカット機能で「検索エンジン最適化」の項目も設定できる。

 

【3】担当者以外にもやさしいGoogleAnalytics

 ●マイレポートを解析担当者以外にも解放する。

 ●役職ごとに興味のある指標で設定してあげる。

 ●マイレポートの項目名は専門用語ではなく見る人にわかりやすい言葉に変更。

 ●解析から遠い人は知りたいことや興味のあることからスタートさせる。

 

【4】取り掛かる前に知っておきたい最低限の注意点

 ●マイレポートは21個までしかつくれない
  →それ以上の場合、プロファイルを分けてしまう。

 

【5】取り掛かる前に知っておきたい最低限の注意点

 ●SEOを考えたサイト設計ができていると、アクセス解析もリスティング広告運用もしやすい。

 

【質疑応答】

 ●マイレポートを共有するのがいいのか。マイレポートの作り方を教えるのがいいのか?
 →基本は見たい数字を吸い上げて、レポートをつくってあげる。

 

************************************************************

【関連URL】

●ムラヤマユウスケさんご自身のよる解説(発表スライド有り)
  http://seo.muraweb.net/blog/_gatracker/_gatracker5/

●ムラウェブドットネット(ムラヤマユウスケさんのブログ)
  http://seo.muraweb.net/blog/

 

************************************************************

 

_gaTracker 5[2]/集客効果測定のアドバンス運用-B2B編/メディックス 於保真一朗氏

「CVとして表れない行動をどう評価していくか?」というテーマですが、
B2Bサイトに限らず、多くの人が抱える課題だと思います。

今回ご提案されていた「精読率(滞在時間)」
その切り口の一つとして有力そうです。

nanapi古川さんのお話と本質的には同じで、

 「受注に繋がりそうなユーザーはどのような行動を取るか?」

を想像して、その行動を指標に落とすということだと思います。

やはり、肝となるのはユーザー心理・行動への想像力。
そのためにもユーザー視点を常に忘れないよう心がけたいものです。

 

以下、講義メモです。

************************************************************

●リスティングにおける課題:最適化が進むと、数が頭打ちしてしまう。
 →判断指標を追加して、より最適な運用へ

●B2Bサイトの課題
 ・リード獲得件数が少ない。
 ・リード獲得率も低い。

●リード獲得件数が少ない要因
 ・ニッチなキーワードでそもそもの母数が少ない。
 ・1回の訪問でリード獲得が発生されにくい(半数が複数回訪問)
 ・初回訪問のCVRが低め(2~5回の訪問でのCVが初回訪問の2倍のケースが多い)
 ・リードタイムが長い。
 ・直接電話で問い合わせをする場合もある。

●リード獲得(CV)が出る/出ないで切り捨てると指名系KWしか残らない。

●クリックの質(CLQ)とコンバージョンの質(CVQ)

●クリックの質(CLQ)
 ・マイクロコンバージョンを設定(ページなど)
 ・直帰率
 ・精読率(滞在時間)

●コンバージョンの質(CVQ)
 →オフラインデータと結びつけて、販売成功したCVかを見る。

●直帰した人をそのページを何秒見たかで切り分ける(滞在時間=理解度)
 →10秒以内/10秒~30秒/30秒以上など

●イベントトラッキングで10秒見たら、30秒見たらで飛ばす。プロファイルは分ける。

●認知促進用のKWと需要喚起用KWとリード獲得用KWを分ける。
 ・認知促進用のKW→10秒以上閲覧
 ・需要喚起用KW→30秒以上閲覧、事例ページ閲覧
 ・リード獲得用KW→指名系KW

●レポートテンプレートを用意してスピーディーにチェックできるように。

●B2BではCV数が少ないので、KWを残すかどうかはCV以外の判断基準も必要。

●UIDで出して、初回KWやどんなページを見ているかを調べたりもする。 

 

************************************************************

【関連URL】

●発表スライド
  http://www.slideshare.net/soh329/google-analytics-gatrackermedixohoslideshere20130212 

●【WebSightAnalytics】解析&最適化1,000本ノック(於保さんのブログ)
  http://web-sight.blogspot.jp/

 

************************************************************

 

_gaTracker 5[1]/WebサービスでのGoogleAnalytics活用/nanapi古川健介氏

成果のわかりやすい獲得系でないサイトの場合は
指標の設定が難しかったりしますが、

 「理想的なユーザーの行動を思い描く」

という切り口は当たり前のようで、自分にとっては新鮮でした。

清水誠さんのコンセプトダイアグラムにも通ずる視点だと感じました。

 

そもそもWebサイトにおける「検証」とは

 「サイトの目的」が達成されているかを明らかにする

ということだと思うのですが、「ユーザーに支持されること」が目的なら

 どんな状態だったら「ユーザーが支持している」と言えるの?

と考えるのはごく自然なことで、なるほどと思いました。

 

以下、講義メモです。

************************************************************

●nanapi:月間2000万人が訪れる日本最大級のハウツーサイト

●PVは4534万。平均訪問回数は1.7回
 →訪問者と比較して少なめなのは、SNS等での紹介から訪問し、
  そのページの閲覧のみで終了するケースが多いため。

●Wikipediaが「What」なら、nanapiは「How」を集めきる。

●「Web2.0的なものは儲からない」が今までの常識。

●ユーザー価値が超高くて儲からなかったサイトはほとんどない。
 →Cookpadしかり、Youtubeしかり。

●nanapi基本戦略

 つくる:記事のデータベースを増やしていく(クラウドソーシング)
    ↓
 みせる:記事を見る人を増やしていく
    ↓
 かせぐ:マネタイズ

●すべてにおいて優先すべきは「ユーザーに支持されること」

●Webサービスの場合、見るべきなのは「ユーザーのメリットになっているかどうか」

●独自解析として「ヘビーユーザーとは何か?」を調べてみた。
 →どうやらスマホだと5ページ、PCだと4ページ見ている人がヘビーユーザーらしい

●SQLを叩いてローデータを見てみる。
 →検索KWが多いと一見さん?…など

●仮説をたくさん考えて、アドバンスセグメントで検証。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(nanapiでのGoogleAnalytics活用tips3点)

【1】3ページ以上閲覧している人(=ヘビーユーザー)をチェック

【2】3ワード以上の検索ワードで来ている人を分析

【3】検索ワードをバブルチャートで見る
  →訪問者とPVでプロットするとWebネタはボリュームが多く、恋愛ネタは多く見られる

 

●Webサービスでは「ヘビーユーザーとは何か?」を考えて見るととよい。

●3ページ以上見ている人がどんなページを見ているかを調べてみた。
 →「nanapiとは?」という説明ページを見ると、一気に閲覧ページ数あがることがわかった。
 →そこで訪問者にnanapiの説明ページを露出したところ、PV数が1.5倍に。

●収益モデルはまだない。まずはコンテンツを充実化させる。

●現在、ブログに近い形だが、今後セマンティック化を目指している。

  

************************************************************

【関連URL】

●nanapi みんなで作る暮らしのレシピ
  http://nanapi.jp/

●nanapi社長日記
  http://blog.livedoor.jp/kensuu/

●nanapiのGoogleアナリティクス記事一覧
  http://nanapi.jp/computers/1397

 

************************************************************

 

2012年11月10日 (土)

虎の穴入門合宿/トライポッド・デザイン代表取締役 中川 聰氏

ユニバーサルデザインにおいて世界でご活躍されている
中川さんの講座に参加してきました。

凝り固まった思考から発想を広げるための内容で、
本当にたくさんのことを学びましたが、
以下の3つは特に心がけたいと思いました。

●思い、本能、直感を鍛える。
 →データや論理、根拠に頼りすぎると本能的な直観力が廃れてしまう。
  自分の直感を信じることも大切。

●気づきを身体を動かして形(Visualize)にし、仮説化する。
 →気づいたことはしゃべるだけでなく可視化することで
  周りと共有でき、議論が深まる。

●間違いや恥を恐れない。
 →例えば、恥をかくことを恐れて会議でも発言しなかったり、
  挨拶しなかったりすることはないか?

 

また、自分の限界を勝手に決めてしまわず、
不確実な世界に飛び出す勇気をもつこと
それが今の自分に必要なことだとも感じました。

 

以下、講義メモです。

************************************************************

●UAI(不確実性回避の各国インデックス)が日本は非常に高い。
 →厳格な規則や信念、行動様式を維持し、エキセントリックな振る舞いやアイディアを受け入れない。
 →日本はこれまで「読み」と「細部」で勝ってきた。
 →これからの不確実な世の中、日本人はどうすべきか?

●日本人は97%が恐怖遺伝子(セロトニントランスポーター)を持っている。
 →決まってない状態が続くときに「まあいいや」と思えるかどうか。

●機器操作の改善をユーザーの脳を覗くことでより効率的に行える。
 →その人がAttentionの状態なのか、Meditationの状態なのかを脳波測定することで、
  操作中のどこでストレスを感じているかどうかを明らかにできる。

●自己境界(意識内と意識外の境界)を拡張することを意識する。
 →境界(自分の届く範囲)の際(きわ)を歩く。際が一番おいしい。

●自分の直感を信じきる。他人の意見を受け入れないのが大切。
 →議論していくうちにどんどんシュリンクしてしまう。

●体を動かしながら発想することで、体に留める。

●自分自身をインサイトする(本能を、直感を鍛える)

●スタンダードデザインは"曖昧な人"向けに作っていることが問題。
 →「誰にとって」が曖昧なので使いにくい。

●いきなり議論しない。まずルールを決める。5分間個々で考えてから持ち寄る。

●良い質問をする。都合の良い質問ではなく。
 →自分の望む答えを待つような質問になっていないか?

●やり方を変えてみる事が大切。漫然と今のやり方を続けない。

●プロトコルとビジュアライズが大事。

●話をコマ割り(ブロック)でメモする。だらだらとフローで聞かず、区切りを意識。

●これからはニューロマーケティングが必須。
 →脳をのぞくことで、その人が本当に感じていることがわかる。
  アメリカではこういったことが当たり前になりつつある。

 

***************************************

【合宿1日目】

○モトローラで部下に言っていたこと「小さなことでも成功したら、必ず広めろ」

○一度に受け入れられる右脳。段階的に積み重ねる左脳。
 →左脳は順番でしか処理できない。

○「意外」と「意内」
 →「意外」は想定とのギャップ。ただし、その想定は自分の勝手なもの(相手にとって意外)かもしれない。
 →「意内」から「意外」へと旅をする。

○頭の中で概念的になると思い浮かばなくなる。感情的になれ。

○好奇心(Attention)↔自省心(Meditation)

○"Silly" cow exercize(そんな馬鹿な)

○結果を持ってあたらない。

○落書きから発想する→key theme・key word、key imageを発表してみる。
 →子供のころから捨ててもいいようなものに落書きさせる。

○フロー型の場合は繋がり方を変えてみる。アイランド型の場合、書く場所を変えてみる。
 →場所を変えると発想が変わる。

○考える基盤を変える。
 →自分のやり方を知り、それとは違うやり方を試す。Another Vision(他者の目)

○言葉だと抽象的(アブストラクト)なので、絵にして具体化する。

○「あったらいいな!」what ifの(仮説の発想)

○グループダイナミクス(多様性・熱中・基準と評価・プライオリティ・ビジュアライジング・プロトタイピング)

○Reseacher・Engineer・Coordinatorの3人寄れば・・・

○Visualize:動きで見せる。可視化する。

○JALの15秒ルール:接客の最後の15秒は何も話してもよい。
 →そうすることで自由な発想でのコミュニケーションが生まれた。

○日々の生活は他の人のアイディアを借りて生きている。それに違和感を感じないのは危ない。

○「いいね、なるほど、さすが」

○何かを使っていく、人と付き合っていくのはExploreer(探検)である。

○障害者から通常では得られない多くの気づきを得てきた。

○障害者にかける言葉「がんばらないけど、あきらめない」
 →「がんばれ」というと追い詰める。すでに精一杯がんばっているから。

○人生を楽しむ。徹底的に。

○感じたことは書き留める。

 

************************************************************

【合宿2日目】

○自分の個性・能力をどう生かすか。

○データを取りっぱなしにせず、どうアナライズするかを教育する。

○いまアメリカでの関心はニューロマーケティングと教育産業

○インサイトの例
 例えばユーザーが「窓を開けたい」場合に、その根本には
 「涼しくなりたいのか?」「景色が見たいのか?」「音が聞こえにくいのか?」
 といった色々なニーズが考えられる。
 それを踏まえずに、「いかに開けやすい窓を開発するか」に終始してはならない。
 (窓を開ける以外の解決法もありうるから)

○相手がどう考えているのか?をいかに掴むか。
 →いつのまにか自分の考えていることとすり替えが起こる(脳は簡単に騙される)
 →チームで「お客」「質問者」「観察者」に分かれてロールプレイしてみるとよい。

○旅行代理店でのニーズを掴むためのトークフロー例
 ・次のお休みはいつですか?・・・大変ですね(共感する)
 ・おひとりで行かれるんですか?
 ・どのくらいのご予定で出かけられますか?
 ・何かされたいことはありますか?
   →旅には目的があり、それを掴むことが重要。

○ユニバーサルデザインとは
 特別な製品や調整なしで、最大限可能な限りすべての人々に利用しやすい製品・サービスのデザイン

  →「選択できる」ようにするのが重要

○高齢社会は多様な時代

○ユーザーインサイトはユーザーと長い時間過ごすことで養われる。

○うすうすわかっているものを諦めない。それが本能だから。

○本人ですら気づいていないニーズに気づく。

○Presencing(概念から実念に)
 →気づきや違和感を感じ、そしてメモしておく。

○体を使ってやると誘発が生まれ、自分の意外性に気づく。

○大きな不安があると小さな不安を潰してしまう。
 →大きな不安に追い込まれていると、気付きを見過ごしてしまい良くない。

○ダメでもいいからやってやろうという思いが大切。

○グループダイナミクス。複数案あっても構わない

○できればよい。方法は問わない。
 →「5+5=?」ではなく「x+Y=10」

○自分の中にあるものを意識して書きだしてみる。

○今のやり方を変えてみる事が大切。ワークスタイルチェンジ。
 →会議のやり方も漫然と今のやり方を続けない。例えば、人数や時間などを変えてみるとか。

○思いがあるから「新しい」と言える。思いがプロトコルの原点。

○「気づき」をもう一捻りすることが大切。

○夜寝る前に水を飲むと脳梗塞のリスクが下がる。

 

************************************************************

【ユニバーサルデザインルール】

・Intuitive use
・Not too difficult
・Durable for enviroment changes
・Can be used in urge situation
・Secured feeling
・Choices are provided
・No Discrimination
・Equitable use for everyone
・"How to use" is intuitive for user
・Responsive in use
・Comprehensive structure
・Different format of information is provided
・Organized information
・Danger is perceptive
・Prevention of accident is considered
・Safety for wrong use
・Recovering from wrong use
・Physical effort is minimized
・Unnecessary operation is eliminated
・Physical effort for long-use is minimized
・Sufficient size and space
・Can be used with cafe-assistant
・Easy to move and store
・Durable
・Appropriate price
・Appropriate running cost
・Easy maintenance
・Easy use and beauty
・Sufficient function
・Good use of material
・Physically harmless

 

************************************************************

 

2012年11月 9日 (金)

凡人のための「ビジネス講座」/東京エレクトロンFE顧問 石井浩介氏

東京エレクトロンFE顧問の石井浩介氏のお話を伺いました。

「我流のビジネス理論だ」と仰ってましたが、
核心を突いた本質的なお話だと私は感じました。

特にVirtual Worldについてお話は
論理や根拠に頼らないと動けなくなってしまっている
今の自分のことを指していて、とても耳が痛かったです。

 

こういったお話もありました。

●データを見ないと仕事ができないなら、マネージャなんて辞めてしまえ!
  →データがなくても、自分の仕事ならわかるはず。
  →見るのは全くわからない時だけ。
  →説明するためにはデータを使うこともある。

今の時代、なんでも細かくデータが取れるようになっています。
また、大量のデータによる高度な分析により
人間の想像を越えた気づきを得ることも可能になっています。

しかし、データに頼りすぎることで直観力が鈍ってしまったり、
思い切った行動が取りづらくなっていることも、また事実だと思います。

 

仕事をしていると、

「論拠はないのだけど、なんとなくこうじゃないかと思う」

といったことはよくあるかと思いますが、
案外正しいことが多いし、なによりも早いです。

現場の肌感覚や経験から導かれる直観を信じ切ることも
スピード感を持って仕事をするためには
重要なのではないかと感じました。

 

石井氏は何事もまず自分で「こうではないか」と
日々考えてみる訓練を推奨されていました。

そういった、日々の仮説検証の繰り返しにより、
直観力は養われていくのだと思います。

 

以下、講義メモです。

************************************************************

●「ATG(明るく、楽しく、元気よく)」と「AfG(All for GENBA)」

●最も大切な現場が、下流呼ばわりでよいのか?
 →大事な顧客接点を任せているのがアルバイトや派遣社員ということはないか?
 →だからこそ「全ては現場のために」

●ビジネスとは"問題解決"すること
 →そのためにまずは問題を特定することが重要。

●「道具(技術・技能・知識)」と「使う力(問題解決力)」の両方が大切。
 →今の育成は前者のみに偏っていないか?

●楽しむ力:楽しむから楽しい。そうすれば何をしても楽しい。

●幸せを見つける力:幸せになるのが上手な人、下手な人がいる。
 →例えば、同じ状況でも「ラーメンは美味しかったけど、コップは汚い」よりも
  「コップは汚いけど、ラーメンは美味しかった」と捉える人のほうが幸せ。

●失敗できる力、恥をかける力
 →質問したり、挨拶したり・・・本人はカッコ悪いと思っていても、実は他人は気にしていない。
  だから、カッコ悪いかどうかを気にしない。
 →ほんのちょっとの勇気。これが大きな差につながる。

●挨拶をすると元気を与えられる。だからでっかい声で挨拶。

●「力を発揮した凡人」と「力を発揮しない凡人」のどっちがいいか?

●やろうと思えばなんでもできる。自分の力(可能性)にフタをするな!

●Visionとは憧憬、憧れの風景景色、あるべき姿でなく「ありたい姿」
 →ストーリーがあってこそ、その会社・組織ならではのビジョンになる。
 →我々は凡人なのでキング牧師のように簡潔には語れない。だからたくさん語る必要がある。

●あなたのVisionは目に見えるものか?ストーリーはあるか?
 →キング牧師の「I Have a Dream」のようにその会社や組織のVisionを読んで、
  情景が目に浮かぶか?

●Virtual Worldを持ち、Virtual Worldを相手に持ってもらう。届ける。移植する

●ワニの脳で語れ、ワニの脳に語れ!
 →人間はワニの脳(原始脳)に支配されている。好きか嫌いか。気持いいか悪いか。
 →人間もワニと同じく「感情で動く」動物。そんなに理性的でない。
 →あらゆるビジネスシーンや人生のことは「ワニの脳」で考えると説明がつく。

●シャドウピッチングになっていないか?
 →無いものは伝わらない。ボールがなければ投げられない。

●本を読んで自分の言葉で語ってみる。涙が出るか?

●Virtual Worldを持った人は違いがわかる。だからVirtual Worldが成長する。
 →間違っていてもいいので、無理矢理にでも自分のVirtual Worldを持つ。

●Virtual Worldの鍛え方
 ・面接で仮説を持つ。「こういうやつかなぁ」と考えてから、それを証明する質問をする。
 ・電車の中で見かけた人のVirtual Worldを勝手に想像する

●直観と本能で作れ!Virtual Worldがわかれば手抜きができる。

●データを見ないと仕事ができないなら、マネージャなんて辞めてしまえ!
 →データがなくても、自分の仕事ならわかるはず。見るのは全くわからない時だけ。
 →説明するためにはデータを使うこともある。

●データに頼りすぎると、本能が廃れる。

●テンプレート文化が発想を殺す。

●ATG(明るく・楽しく・元気)活性化の原点は「自主性」から。
 →自分で決めたことは、自然とやる。
 →ルール、チェックリストなどはおせっかいでは?
 →手順書があなたの上司になってないか?(手順書を"使え"、手順書の奴隷になるな)

●部下に求めた100点満点から65点への転換。
 →DRAT65(ダイナミック、リアルタイム、アクションチーム、65点)

●お客さまを変えなくてはならない。
 →Listen to the Customer Voice. Create New World by New Value

●"英語を使う力"を教えてはどうか?
 →英語自体を教えても話すことがないと話せない。

●マネジメントは客観と主観を両方持つ。

 

************************************************************

 

2012年9月19日 (水)

Webアナリスト養成講座/LPOとA/Bテスト/春元和正氏

今回の講師はVOYAGE GROUPの春元和正さんでした。

※以前、アクセス解析サミットでの講演を拝聴して、
 一度コッテリお話伺いたいと思っていたので、念願叶いました。

LPO、A/Bテストにおいて「大切にすべき考え方」など本質的な内容で
豊富な経験からにじみ出た言葉には重みを感じました。

 

これはA/Bテストに限ったことではないですが、
やはり大切なのは「人の姿(状況・心理)を想像すること」だと思います。

しかしながら、例えば「AとBの画面案のどちらが良いか?」を考える際も

 「Aはごちゃごちゃしてわかりづらいから、シンプルなBの方がよさそう」
 「人の顔が入っているから、Bの方がよさそう」

といった、いわゆるユーザビリティセオリーに沿っているかどうかで
ついつい考えてしまいがちです。

 

 こんな状況の、こんなニーズを抱えた人が訪問していて、
 こういうことを思うんじゃないだろうか?

といった「血の通った」想像がベースになければ、
ユーザー不在の理論よがりな打ち手になってしまう危険性があります。

※ページをパーツに分けて多変量テストを行う、といったやり方は
  まさにそうなりがちなのかもしれません。
  (もちろん、「多変量テストがダメ」ということではありません)

 

また、短いサイクルでテストを繰り返し、改善を積み重ねていくスタイルは
まさにリーンスタートアップそのもので、

 「テスト案のブレストして、その日のうちにテスト開始」

というスピード感には正直驚きました。

そのために一番重要なのは

 「結果で判断するのが、一番早くて明確だから、実際にやってみよう」

といった風土を組織やチームに根付かせることで
春元さんのチームでも数年かかったそうです。

 

以下、講義メモです。

************************************************************

【第1部 ランディングページ最適化とは】

●LPOが重要なのは収益を上げるため

●いわゆる「セオリー」が必ずしも良い結果を生むとは限らない。
 →赤いボタンが負けることもある
 →前提条件を明確にすることが重要

●各種テストはLPOをするための「手段」にすぎない。

●LPOを考える上でポイントとなるのはどこか
 1.ゴール設定
 2.定量化したユーザ理解
 3.仮説と検証

●収益につながるゴールを見つける。
 →最終的にお金になるポイントを見つける

 ※例えば「会員登録フォームの項目数を減らす」という施策。
   会員数を増やすという観点なら少なくしたほうが良いが、
   もし追加情報を取得することで購買につながり、
   そのほうが最終的な売上が上がるなら、項目は増やしたほうがよい。

●経営指標は遠いので、ウェブサイトの数値に落としこむ
 →ウェブでのどの数字を上げれば、最終的に売上や利益へとつながるのか?

●ユーザーを理解する。
 ・どういう人が
 ・どこからきて
 ・何をしたいのか

  ※Webは人の顔が見えないので難しい

●例えば、GoogleAnalyticsで以下の情報から捉えてみる。
 ・どういう人が:ユーザー
 ・どこからきて:トラフィック
 ・何をしたいのか:流入KW

●ユーザーに直接聞いてしまう
 →アンケートフォームお客さまの声も集計することで、定量データとして把握できる。

  ※カンパイル(kampyle)というWebの訪問者にその場でアンケートを取得するツールもある
   http://www.kampyle.jp/

●対象ユーザー数の多いところを改善しないと最終的な成果も小さい。

●LPOとは「どういう人に」「何を」「どう提供するのか?」

●VOYAGE GROUPのコーポレートサイトは直帰率を下げることを目標にした。
 →目的のコンテンツに迷わず辿りつけたかを指標とする

●A/Bテストのいいところは

 ・外的要因に左右されないこと
  →「前後変更テスト」だと時期による差が影響する

 ・結果がでるまで時間がかからない

 

********************************************

【第2部 テストをどのように活用するか】

(実際のテスト時に考えた仮説と結果の解釈を考える)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【1】会員登録ランディングページの事例

 ・位置付け:アンケートに答えるとポイントが貰えるサイト
 ・ゴール:会員登録完了
 ・サービスの内容や特徴よりしっかり説明することで、14.2%改善。

(事前仮説と考察)

 ・ポイントに興味がある媒体に出稿。
   →つまりポイントが欲しい人が訪問

 ・ポイントを貯めたい人には不信がある。
   →潰れてポイントが使えなくなる、など

 ・そこで、ちゃんとしたサービスを提供してることをきちんと提示してみた。
   →手順などをできるだけ丁寧に説明し、不安を取り除く

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【2】FX比較サイトの事例

 ・位置付け:FX会社の比較サイトのトップページ
 ・ゴール:掲載FX会社への遷移数
 ・投資スタイル診断を画面上部で全面展開したところ、40%改善。

(事前仮説と考察)

 ・「FX比較」というKWで検索経由で多く訪問。

 ・アクセスログを見ると、画面下部の「投資スタイル診断」を押す人が多かった。
   →「初心者が多いのでは?」と見込んで、診断を一番上にしてみた。

 ※ちなみにトップページを回収したのはPV数が多かったから
   →大きく変えたほうが、明確な大きな結果がでるのでオススメ

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【3】会員登録ランディングページへの自社媒体誘導バナーの事例

 ・位置付け:アンケートに答えるとポイントが貰えるサイト
 ・ゴール:バナーのクリック
 ・他社広告っぽくないバナークリエイティブに変更したところ、40%改善。

(事前仮説と考察)

 ・アンケート結果を知りたくて、検索経由で訪問している。

 ・他社の広告でなく、このサイトでの登録であることをアピールしてみた。
   →ボタンクリエイティブをサイト内のものと揃えたり、他社商品を出すのは避けた。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【4】ECナビ 商品一覧ページ

 ・位置付け:価格比較サイト
 ・ゴール:詳細ページへの遷移数
 ・商品の詳細説明を省いて画像とタイトルのみにしたところ、31.8%改善。

(事前仮説と考察)

 ・カテゴリーを絞り込んで、ケーキを探している人が訪問。

 ・情報を盛り込み過ぎることで、わかりづらくなってしまっているのでは?
   →比較をしやすくしてあげたほうがよいのではないか

 ・詳細ボタンはなくしてリンク数は減ったが、遷移数はかえって増えた。
   →当初、社内では強い反対が出た。結局はやってみないとわからない。

 ・さらに説明ボタンもなくして、グリッド表示にしたらもっと良くなった。
     →結果、この商品一覧自体なくなった。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【5】プロバイダーナビ 商品詳細ページの事例

 ・位置付け:プロバイダ比較サイト
 ・ゴール:申し込みボタンのクリック数
 ・キャンペーン終了までの1秒単位のカウントダウンを入れたところ、14.2%悪化。

(事前仮説と考察)

 ・グルーポンのようにカウントダウンを入れたらよいのでは?と思い、すぐテスト。

 ・カウンターにすることで不信感を与えたのではないか。

 ・そもそも、ユーザーは「7日」という数字に特に切迫感を感じないのではないか。

 ・「締切が近いと結果は違うのではないか?」という意見(仮説)も出て、
  「締切1日前」のみやってみたりもしたが、結果は変わらなかった。
   →プロバイダーのような吟味して選ぶものについては1日で選ぶということはないのでは?

 

●「こんな人が訪問しているのでは?」を想像することで、テストアイディアがどんどんでてくる。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(テストツールの現状)

●選定基準
 ・導入が簡単
 ・分析を主業務としていない人にも比較的使いやすい
 ・高くない

●Google Analytics ウェブテスト
 1.テストが簡単にできる
 2.Googleアナリティクスの目標はURLとイベントが指定可能
 3.テスト結果をセグメント
 4.Google Website Opitimizerを統合
 5.多変量解析はまだ
 6.結果が出るまで2週間、3ヶ月後には自動停止
 7.オリジナルページとテストページは同じドメインで

●Optimizely
 1.導入が簡単(タグ1本挿入だけ)
 2.結果がリアルタイムで出る
 3.高くない(プランは月17$~、71$がメインのプラン)
 4.デザイナーだけでテストを回せる。
  →Google Web Optimizerだとタグをどう入れるかなどのシステム的知識が必要

 

******************************************

【質疑応答】

●結果差が小さい場合によく見られる傾向。
 ・ユーザー理解が薄い
 ・テストの仕方が細かい(タイトルだけ変える、など)

●最低1週間は回す。1ヶ月で止める。
 →長く置きすぎても意味が無い。短くても結果が小さい。
 →悪い場合はすぐ止める

  ※統計的には「期間」より「数」で判断。有意差ツールで調べる。

●できれば、テストはA/Bの2つにすることを推奨。
 →多くパターンをつくると、検証に耐える母体数が確保できなくなる。

●経験則上、多変量テストでやって1位になったものが、良い結果にならないことが多い。
 →計算上、10%上がる場合もそうはならない。
 →勝ったものと次のものをさらにテスト、というやり方のほうがよい。

●テスト案作成から実施の流れ
 ・毎週1時間ブレストの場を設ける。
 ・ページを見ながら「どんなユーザーが、どんな目的できているのか」を考える。
 ・どうしたほうがいいかをどんどん言い合う。
 ・そして、その日のうちにテストを始める。スピード命。

●基本的に普遍的なセオリーを貯めようとはあまりしていない。
 →状況次第で結果が異なり、普遍的なものは少ないため。
 →言葉がひとり歩きするケースが怖い。
 →強いて言えば、コントラスト(背景と文字)をつける、は普遍的といえそう。

●テスト結果についての要因仮説はさらにその仮説を元にテストを行うことで検証する事が多い。
 →バナーの場合、媒体や場所を変えて再度やってみたり、といったこともある。
   (ただその場合、ユーザーが異なるので、よい検証とならないことが多い)

●セオリーを作ることが目的ではなく、あくまで売上を上げること。

●1%の改善を100回やるイメージ。その1ページの改善を行う。

●このような考え方が根付いた組織を作ることが重要
 →最初は「意味あるのか?」という人もいて、数年かかった。

●すぐ手を動かせる人が、いることがスピードアップの秘訣。

 

******************************************

【関連URL】

●アクセス解析イニシアチブの活動報告
  http://a2i.jp/activity/activity-report/13254

●UIO戦略室ブログ(自社でのA/Bテスト事例を公開)
  http://uio.voyagegroup.com/

●GUESS THE WINNER(WIDERFUNNEL提供のABテストQuizサイト)
  http://www.conversionskills.com/

●WHICH TEST WON?(こちらもABテストQuizサイト)
  http://whichtestwon.com/

 

******************************************

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー