フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

カテゴリー「気づきメモ」の記事

2012年11月24日 (土)

EggTowerからの学び

中川さんの講座で取り組んだEggTowerというワークショップから
多くの学びがあったのでご紹介します。

以下のようなタスクに4~5人のチームで取り組みました。

 ・ミッションは卵を地上からできる高い位置に置くこと
 ・使ってよいのはA4の紙4枚とハサミのみ
 ・時間制限は30分

 

まず最初の5分で一人ひとりでどのようにするのが良いかを考えます。
そして意見を持ち寄ってチームで議論。

そこでまず意見が割れます。

シンプルに四角に折って積む案と、
丸めて通天閣のようにする案の2案が出ましたが、
うちのチームは後者を選びました。

理由は最初の説明の際に過去最高の高さに積んだ東大のチームが
通天閣案を採用していたからです。

一見、四角案のほうが設計がシンプルでよさそうに感じたのですが、
丸めることでの強度を取りました。

 

そして、実際に作り始めたのですが、
通天閣案は予想以上にバランスが悪くなかなか安定しません。

それに比べ、隣のチームは四角案を採用し、
早々に完成させ、しかも過去最高記録を大幅に更新しました。

見るからに四角案のほうが楽に作ってました。

しかし、一度紙を丸めてしまった以上、
もはや四角案には戻れず、そのまま続けました。

 

その後も我々のチームは四苦八苦しましたが、
最後はなんとか完成させ、2位の記録を残しました。

全部で5チームあったのですが、
最後まで完成させられたのは3チームのみ。

その未完成のチームのうち
1チームは途中までかなりよい感じに作っていたのですが、
結局、結果を残すことができませんでした。

 

私がこのワークショップから学んだことは以下です。

●いきなり議論に入らず、個々で考えて意見を持ち寄って議論。
 →いきなり議論を始めると思いつきばかりで拡散する。

●最初の設計思想が全てを決める。
 →設計思想の筋のよさがその後のパフォーマンスを決めてしまう。
 →一度決めたら往々にして引き返せない。

●既存の考えにとらわれない。
 →以前やった人のやり方にとらわれない。

●とにかくOutputを出す。
 →どんなにがんばっても、プロセスが良くても結果が出せなければ0点。

 

頭でわかっていても、実践するのはなかなか難しいですよね・・・

 

******************************************

【関連URL】

●虎の穴入門合宿/トライポッド・デザイン代表取締役 中川 聰氏
  http://kereru-biz.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-b457.html

 

******************************************

  

2012年7月25日 (水)

酉の市の売り子として学んだこと

学生時代の話ですが・・・

自分は毎年、酉の市で熊手売り子のアルバイトをしていました。
そこから学んだ「商売の基本」は結構あるように思います。

※酉の市について詳しくはこちら
  http://torinoichi.jp/

 

特に印象に残っているのは、次の2つです。

************************************************************

【1】ほとんどの売上は贔屓客(リピーター)から生まれている
  →購入時に連絡先を書いてもらい、来年の酉の市の時期にご案内ハガキを送る。
    ハガキを持って来店すると特典がある。

【2】お客さんは「その商品を買う理由」を求めている
  →納得した上で買いたいと思っている。それを提示してあげることが重要。

************************************************************

 

【1】はまさにビジネスの基本ですが、酉の市でも全く同様でした。

はっきりいって一見さんはほとんど買ってくれません。

酉の市を雰囲気を楽しんでるお客さんか、
他所のを見た上で「やっぱりこの店だよね」と納得したい客です。

 「大物を買ってくれる太い客をいかに維持していくか」

 「少しずつ大物を買ってくれるように育てていくか」

といったことが、とても重要です。

※ちなみに熊手は「毎年ワンサイズずつ大きなものにしていく」という風習があります。

 

【2】も重要なことですが、割とやってない人が多かったりします。

他店と迷っている時に

  「ほら、うちは昔からやってるでしょ?
    その分ベテランの職人さんが精魂込めてつくってるから
    見る人がみると違うんですよ」

だとか

  「ほら、うちのはお人魚さんのお顔がおだやかでしょ?
    これがなかなか出せないのよ」

といった「言われると確かに」と
その気になってしまうような売り文句や

サイズ(熊手は大きさで価格が違う)で迷っているときには

  「縁起物ですからねぇ」

と縁起物という免罪符やお客さんの見栄を刺激しつつ
ワンサイズ大きいものを選ぶ理由をつけてあげたりとか。

 

もちろん、そこでお客さまが「でも、今年は景気がねえ・・・」などと
難色を示したら、スッと引いて、

  「じゃあ、このミニ熊手をおまけでつけときますので、
   来年景気が良くなったら、お願いしますね!」

などと、あくまで深追いはせず、
先方にとって気持ちの良いクロージングを心がけます。

 

そして、「うまく値切って得した」と感じてもらえるような値引きの演出も
最後のスパイスとして重要でした。

もちろん、ある程度自分の店の商品に心傾いている状態を見越して、ですが、
適切な背中押しはお店にとってもお客さまにとっても
幸せな買い物体験を創り出します。

 

そう、酉の市はみんな「熊手を買うこと」を楽しんでいて、
結局は「気持よく買い物がしたい」のだと思います。

買うこと自体は決めていて、あとは「気持よく」「納得して」買いたい。
そして「ここで買ってよかった」と思えば、次の年もその店で買う。

それを「売らんかな」の邪な心で阻害しなければ、
自然と売れるし、買ったお客さまもハッピーなのです。

今思えば、これが最も大きな学びであり、
Webのマーケティングでも全く変わらないことなのですが、
つい怠ってしまいがちな今日この頃です。

 

2012年7月 7日 (土)

宣伝会議インターネットフォーラム2012 Marketing&Ctreativeに参加して

以前パネルディスカッションでご一緒した花王の本間さんと
AKQA稲本零(レイ・イナモト)さんのお話の中で、大変興味深い話題がありました。

 日本の強みは「きめ細かさ」ではないか。
 それをグローバルでどう活かすか?

といったもので、案外この視点での議論は
あまりないような気がします。

最近では、とかく「日本はダメだ」といった話になりがちですが、
秀でているところ、素晴らしいところもたくさんあって、
そちらに目を向けることも忘れてはならないと思います。

自分自身、自己否定や現状否定から入りがちなので、
(これは日本人の特徴でもあるようです)
ちょっとした気づきが得られました。 

 

あと、稲本さんのお話では

 ●単発ではなく長いタームで考えたいので、AKQAでは「キャンペーン」という言葉を使わない。

 ●コミュニケーションをつくるという考え方は古い。コネクションをつくる時代。

 ●360°ではなく、365日を考える。

 ●「モノを語る」のではなく「物語」

といったお話も印象的でした。

※AdverTimesにて詳細が紹介されています。
  http://www.advertimes.com/20120615/article71529/

 

以下、宣伝会議インターネットフォーラム2012の各講演内容をまとめた記事へのリンク集です。

************************************************************

●宣伝会議インターネットフォーラム2012:各講演メモ

 [1]顧客中心時代におけるネットマーケティングの意義と成果をもたらす実践方法/beBit

 [2]オウンドメディアコミュニケーション/トライベック・ストラテジー

 [3]フェイスブックキャンペーン最新事例とその効果を分析/アライドアーキテクツ

 [4]ソーシャルメディアROI sROI算定の方法と課題./Tribal Media House

 [5]EC事業者としてのオンラインマーケティングの活用と今後の課題/DELL

 [6]面から人へ、潜在顧客にリーチする最新アドテクノロジー/京セラコミュニケーションシステム

 [7]CRM戦略とネット通販の最新動向と取り組み/ユナイテッドアローズ 

 

************************************************************

●AdverTimesでの紹介記事
  http://www.advertimes.com/author/internet_folum/

 

************************************************************

  

2012年7月 1日 (日)

カンブリア宮殿 Amazon創始者ジェフ・ベゾスの言葉

ご覧になられた方も多いかと思いますが、
先日のカンブリア宮殿でAmazonが取り上げられてました。

創始者のジェフ・ベゾスの言葉が大変素晴らしかったので、
メモをまとめてみました。

私が日々心がけている「顧客中心・信用第一」という考え(うちの会社の社訓)と
共通するところも非常に多く、深く共感しました。

※そして、その徹底は非常に難しいと日々感じます。

 

ネットはユーザー中心の世界なので、
「ユーザーが求めていることを提供する」が第一です。

例えば、申込みフォームを例にすると
「どれだけ簡単に、間違いなく申し込めるか」が第一です。

ですが、「ついでに追加の情報を入力させたい」といった
「うまくやってやる」というユーザー不在の邪な気持ちが
つい入り込みがちです。

 

何事もユーザー側にそのメリットが無ければ、
短期的にはうまくいくいったとしても
長い目でみると良いことはないのではないかと思います。

 

以下、私のメモです。

************************************************************

●Amazonをシンプルに言い表すなら「地球で最もお客を中心に考える会社」
  私たちはお客の声に耳を傾ける。

  しかし聞くだけでは足りない。心がけるのは何かを生み出すこと。
  お客が何を求めているかを予測し、お客がそれに気づく前に生み出す。

 

●購入者アンケートから「人々はインターネット上であらゆるものを買いたいのだ」と気づいた。
  だから品揃えを増やしていった。

 

●モノがあることでお客が来て欲しい物を見つけられる。

  ない物、欲しい物があったと満足感を与えることが買い物では大事。
  品揃えを増やすことでお客が増え、商品を買ってもらえる。品揃えが初めの一歩。

 

●私たちの顧客主義は自分たちができることを考えて動くのではなく、
  お客が何を求めているのかを把握し、その後でどうすれば提供できるのかを考える。

  これを「逆回りの思考」と言っている。多くの会社は違う。

  お客が求めているのは「商品を選べる、安い、早くて正確な配送」
  これを実現するため何をやるのかが大切。

 

●カスタマーレビューについて、実は最初いろいろな出版社から
  「前向きな評価だけをアップしたらどうか」とクレームをもらった。
  その方が本の売り上げが伸びるから。

  でも私たちの意見は違った。私たちがやりたかったのは本を売ることではなく、
  お客が買うかどうか判断するための手伝い。
だからいい意見も悪い意見も必要。

  そして何度も思ったのはお客のニーズに応えるように努力していれば
  必ず信頼を得るということ。長い目で見れば買い物もたくさんしてくれる。
  長期的展望がなければ、こうしたアプローチはできない。

 

●私たちのサイトには以前買った物を知らせる機能もある。
  以前買ったCDをうっかり一年後に買ってしまうことがある。
  だから私たちは知らせることにした。

  これは短期的には売り上げを多少下げるが、
  本当にお客と同じ目線に立つなら意味のある機能。

 

●私たちの目標は成長ではない。お客に最高の満足体験を提供すること。

 

赤字だと言っても効率が悪いからか、未来に投資しているかで全く違う。
  外から見る投資家にはどちらの状態か見分けるのは困難。

  しかし内側から見れば明らかに未来への投資で出ている赤字。
  データを見てみるとお客は増えているし、満足度をチェックしても問題ない。
  リピーターも多かった。一度Amazonを使ってくれたお客は何度も使ってくれていた。

  だから赤字の期間でも自信を持てた。

 

●赤字時代に株主に向けた手紙の内容

  「短期的な利益やウォール街の反応ではなく長期的な観点から今後も投資を行います。
  長期的な収益を重要視し、現段階では規模の拡大が必要と考えます」

 

●インターネットバブルで多くの会社が消えたが、
  彼らはお客中心の会社をつくろうとせずウォール街を向いていた。

 

●私たちはお客と関係ないものにお金をかけたくない。

  お客はオフィスに来ることはないので家具はシンプルでいい。
  心地よく実用的であるべきだがオシャレな必要はない。

  質素の先にあるのはお客を喜ばせるためにどうお金を使うか。
  お客が喜ばないことにお金を使うのは無駄遣いであり排除すべきこと。

 

●会議はそんなにシリアスに行うものではないと思う。
  会議本来の目的が失われてしまって時間の無駄。
  最も使えるアイディアは脱線したり、行き先が見えていない会議から生まれるもの。

  だから会議はちょっとしたユーモアやジョークで始まり元気よく終わりたい。
  それが会議を良くする。

 

●一番充実感を感じるのは問題解決のためのブレインストーミングをチームの人とやるとき。

 例えば、今2つの案があっていずれも気に入らないなら、3つ目の案を探るべき。
 みんなでブレインストーミングしてアイディアを出し合えば、
 自分では解決できない問題の糸口が見つかることがある。

 だから私はブレインストーミングの時間が大好き。

 

●ほとんどの後悔は自分が怠慢でやらなかったこと。後悔するのは「やらないこと」

 

●「なぜそんなことをやるのか?」よりも「なぜやらないのか?」という問いのほうに
  正当性がある

 

************************************************************

【関連URL】

●カンブリア宮殿に出演したAmazonのCEOジェフ・ベゾス氏が素敵すぎる件
  http://jyouhosyozai.com/amazon-jeff-bezos-11277.html

 

************************************************************

 

その他のカテゴリー